カラオケのバイトがおすすめの理由と評判から見たおすすめ店舗は?

カラオケバイトは楽しそうな雰囲気で挑戦してみたいと思う人もいるのでは。また日本全国に店舗数が多いので、求人サイトでも常に募集があるのも魅力的でしょう。実際にカラオケで働いて「楽しかった」と思う従業員、元従業員は多いようですよ。

では、カラオケのバイトがどのような点でおすすめなのか?実際に働いていた方の声や評判が良い店舗はどのチェーン店なのか、ココでは具体的に紹介してみます。

カラオケバイトがおすすめの理由について

仕事が簡単

業務マニュアルがしっかり用意されているという点がカラオケのバイトがやりやすい理由と言えるでしょう。カラオケ店は全国チェーンの店舗も多いですよね。チェーン店ではどの店舗でもどんな従業員でも同じクオリティの仕事ができるよう、業務マニュアルが完備されている場合がほとんどです。

カラオケのバイトが初めての人、またバイト自体未経験の人もマニュアル通りに仕事をこなしていけば良いなら安心です。個人店やマイナーなチェーン店などで求人情報に「マニュアル完備」などと記載がない場合は、面接の際などに「バイトは初めてなのですがマニュアルなどはありますか?」と質問できると安心ですね。

またマニュアルを見なくても仕事自体が簡単なので、基本的に個人店などはマニュアルがないお店も多いですが、初心者でも問題なく仕事ができると思います。このような事がおすすめ出来る理由となっています。

<詳細>

カラオケバイトの仕事内容がめちゃくちゃ楽!?実際のところどう?

髪型や髪色に緩い

カラオケ店といえば若いアルバイターが活躍しています。そして10代や20代など若いうちは髪型や髪の毛の色などを楽しみたい、という欲望もあると思います。しかし多くのバイトでは髪型や髪色については規定があり、厳しい職場も多くあり髪の毛の色やおしゃれな髪型など出来ない場合もあります。

ですがカラオケのバイトは全ての店舗が対象という訳ではありませんが、それでも比較的多くの店舗で髪色や髪型が自由と明記している求人も多く見られます。もちろん、完全に自由ではなくお店ごとに規定があり、店長などが「ここまでならOK」と独自の裁量で決められているケースが多いです。

しかし髪型や髪色に厳しいバイトよりもかなり緩い基準となっているので、希望の髪型や髪色をしながらバイトができる可能性は高いでしょう。また、ピアスやネイルもしても良い、という店舗も中には存在します。しかしネイルに関しては一部の店舗に限られています。

とは言え、他の業種に比べて比較的規定が緩い場合が多いので、若い方にとってはバイトをしやすいでしょう。ただ、接客は少なくて済むとはいえ従業員がお客さんの目に触れる機会はあるので、清潔感は損なわない程度にオシャレを楽しみましょう。

<詳細>

カラオケバイトは髪型や髪色が自由なところが多いって本当?

出会いが多い

カラオケのバイトの楽しくておすすめの理由としてはたくさんありますが、中でも出会いが多いというのはよく聞く話でもあります。なぜカラオケでは出会いが多いのか?理由として、バイトを通して気の合う仲間とたくさん出会える点が挙げられます。

基本カラオケ店は良くバイトの募集をしているので従業員も多く、また人の入れ替わりも多いので出会いが増える確率が自然に上がります。平日の昼間はフリーターやパートさん、夕方や深夜は高校生や大学生など時間帯によってシフトに入ることになりますよね。

元々カラオケなど音楽が好き、という共通点より仲間意識が芽生え仲良くなれる、というような感じになったりし、また同年代で、後程詳しく述べますが仕事中暇な時間もあって従業員同士でおしゃべりができる環境であるので自ずと仲良くなれてしまうようです。

このように出会いは多いので同僚が親友になったり、時には上司と恋人同士になることもあるようですよ。

<詳細>

カラオケバイトは出会いが多くカップルになる確率が高いって本当?

社員割引が使える

一度カラオケのバイト求人で待遇を見ていただけると分かりますが、ほとんどのカラオケ店でバイト従業員が割引価格でカラオケを利用できたりする待遇があったりします。もちろん割引価格と言っても10%などケチ臭いレベルではありません。

そこそこの割引率となっている場合が多く、仕事以外の日にカラオケが大好きで何時間も歌っていたい!と思っているのであればカラオケのバイトは最高となるでしょう。もちろんルーム料金だけではなくのフードメニューも割引が適用となる場合もあります。

社割は金銭的に余裕のない人がバイト終わりに安く食事ができるのも有難いですし、バイトが休みの日に一日中楽しむことだって可能なのでカラオケを安く利用できるのは嬉しいことです。

接客をそこまでしなくても良い

カラオケの従業員がお客さんに関わる業務といえば、フロントでの受付やレジ業務、フードやドリンクの注文を受け付けて個室へ運ぶときくらいです。お客さんと接する時間が一番長いのは、フロントでの業務が一番長いかもしれません。接客が必要な業務はほんの一瞬なのです。

ドリンクを個室へ運ぶ場合もテーブルの上に置くだけでOK。入退室の際に「失礼します」など声を出しますが、接客はこの程度です。カラオケを歌っている最中に食事などを運ぶ場合もあるので割と大きな声での接客が求められます。

しかし時間的にはわずかな間のみなので接客の経験がない人でも抵抗なく始められます。ただ、大きな声を出すのが恥ずかしい方は不向きかもしれません。

シフトの融通が利きやすい

カラオケ店にはシフトの融通が利きやすい店舗も多いようです。店舗にもよりますが1~2週間ごとにシフトを提出できるなど短いスパンで休みを申告できるお店もあるので、特に学生さんなど急な予定が入りやすい方におすすめです。

シフトの融通が利くので私生活とも両立しやすいですし、テスト期間に休みたい学生さん、家族の予定があるので休みを取りたい主婦の方も気軽に相談できるなら安心ですね。もちろん全ての店舗において融通が利くとは限らないので、詳しくは応募予定のカラオケバイトの募集要項をチェックしてみてください。

暇な時間帯が意外と多い

カラオケは接客が最小限で済む、お客さんに呼ばれた時のみ対応すれば良いということは、店舗によって大きく異なりますが勤務中、暇な時間も結構多いということになります。楽なバイトを探している人にとってカラオケのバイトは最適なバイトとなる可能性も秘めています。

例えば時間帯によって大きく違いがありますが、平日の昼間などは特にお酒を注文する人も少ないし暇な時間帯と言われています。もちろん深夜の時間帯も暇な場合もありますし、夕方でも暇な時もあり全ての時間帯において暇なときがあるのです。

この暇な時間というのはお店の立地などによって異なりますので、A店では深夜がかなり暇だけど、B店は深夜がかなり忙しい、ということもあるので暇な時間帯にバイトをしたいのであれば、お店でアルバイトとして働いている人に直接聞いてみるのもいいかもしれません。

<おすすめページ>

カラオケのバイトで楽しい、きついと思う瞬間はどんなところ?

深夜の時間帯が稼げる

効率良く稼ぎたいから深夜のシフトに入れるカラオケでバイトをしているという人も多いようです。カラオケ店は深夜営業はもちろん、朝方や場合によっては24時間営業になっているなど営業スタイルはかなり幅広くなっていますが、深夜まで営業しているお店は多いでしょう。

深夜までバイトができるというのがおすすめの理由で、当然普通に深夜の時間帯だけバイトをする、という働き方でもいいのですが例えば昼間はスーパーでバイトをして、夜はカラオケ店でバイトをする、というような働き方も可能な訳です。しかも深夜は時給がいいので昼間と比べても稼げます。

ちなみにカラオケのバイトはダブルワークOKという求人が多いので、この辺りについてはそこまで問題ではないと思います。深夜手当がつく時間帯は22時~翌5時までとなっているので、深夜バイトをする場合は時給が高い時間帯を気にしておくといいでしょう。

<関連ページ>

カラオケの深夜バイトは時給がいいけど、仕事は楽か大変かどっち?

人気の曲を知ることができる

現在どんな曲が巷で人気になっているのか、また年代別ではどんな曲が人気なのかなど人気の曲を知ることができる、というのはカラオケのバイト独特の良さですね。そして新しい魅力的な歌を知れるのもカラオケのバイトの魅力です。

特にお客さんが歌っている個室から漏れてくる歌声から「この曲は誰の曲?」と気になって自分で調べてみたりも出来ますし、新たなアーティストの発見にも繋がります。もちろん人気曲ランキングなども知ることができ、カラオケでは常に音楽に触れながら仕事ができるので歌が好きな人、ミーハーな人には嬉しいですよね。

カラオケバイトで評判がいいおすすめ店舗

カラオケの鉄人

から鉄は大手のチェーン店ですが比較的働きやすい環境となっています。また求人情報ページでは「髪色ネイルピアスOK(規定有)」と明記されており、時給もそれなりに良く、勤務期間についても選べたりシフトも週1日以上からOKなど待遇が良い特長があります。

また昇給もあるバイトで独自の昇給制度を設けており、現在の時給から最大で250円アップするような制度があるので、モチベーションも上がり仕事に対してやる気も出てくるでしょう。そして給料の支払い方法も様々な支払い方法から選べます。

週払いなども可能だったりする店舗があるので、金欠なのですぐにお金が欲しい…というような場合も対処してくれるのでありがたい制度ですね。カラオケの鉄人は働き方の自由度が高い、そんな特徴が多くの求人で見られ若いスタッフが働きやすいような環境になっているのでおすすめです。

カラオケの鉄人の評判

バイト中は制服を着るのですが洗濯などはお店がしてくれるので助かりました。また髪の毛の色は個人的に思うのは緩いと思いました。
結構明るめの色でバイトをしていたのですが怒られることもなく普通にバイトをしていました。
ただ髪の毛の長さについては規定があり自由とはいえ長い髪の毛は結んだりする必要があり、男性のロン毛はダメでした。
バイトをしていてきついと思ったことは少なく、楽しみながらバイトが出来たので良かったです。
シフトは2週間に一度の提出で自由シフトだったので休みなどの調整も簡単に出来るのでとてもいいと思いました。
従業員の数が足りない場合はバイトで協力して穴埋めしていました。また急な休みなども対応してくれたのですが、代わりを探さなくてはいけないので急な休みは取りにくい印象がありました。
ちなみに時給は同年代では良い方でした。深夜ではないのですが普通にそこそこ稼げると思います。
面接は履歴書が必要なかったのが良かったですね。写真などを準備する手間が省けるので助かりました。
また面接では簡単な質問ばかりで、志望動機や自宅からどのくらいで来れるのか、また週に何日勤務できるのかという質問でした。
カラオケ店ですがカラオケのことは一切聞かれなかったです。意外と適当に回答していたのですが、すんなりその場で採用が決まったので驚きました。
出勤出来る日などを伝えて終了、という感じで簡単だったのを覚えています。

個人・小規模店

大手の求人情報サイトなどでカラオケ店の求人を探すとどうしても全国的なチェーン店の求人が目立ちますが、実は個人店やマイナーな店舗でのバイトの方がおすすめだったりします。お店のスタッフ募集の張り紙や求人情報サイトでも見つけられる場合もあります。

このような個人店や小規模のチェーン店では大手チェーンより規定が緩い傾向にあるようです。例えば「有名チェーンでは髪色自由って聞いていたのに実際働いてみたら身だしなみにとても厳しく髪色も暗くするよう言われた」ということもあるようですが、個人店にはなかなか奇抜な髪色の従業員もいます。

ちなみにカラオケの個人店で、筆者が以前見た方の髪型はドレッドヘアーでした。また店舗責任者が従業員一人一人の事情を把握しやすいので、シフトの休みを申請しやすいというのも嬉しい点です。

郊外にある店舗だと大手チェーンより多少時給が落ちる場合もありますが、おしゃれの自由を諦めたくない、シフトに融通が利きやすいのが最優先という方にはおすすめです。

小規模な店舗ほど経営者の考えがそのまま反映することが多いというのがあって、世間がどういう風に思うかよりも自分の考えを優先しがちというのがあるので店舗によっては厳しい所もあるかもしれません。

個人・小規模店の評判

オーナーがかなり気さくな方でとても雰囲気が良くバイトをしやすかったです。
わがままなども聞いてくれたし、たまに差し入れなどを持ってきてくれたり、とても優しいオーナーでした。
また規模が小さいお店だったせいか、身だしなみについては何も言われませんでした。
面接でも普通に明るめの色で行ったのですが、その場で採用をいただきました。
シフトの提出をラインで求められすごくやりやすかったですし、なんせ自由に入りたい日や時間を伝えるだけでOKでした。
あとは担当の方が組んでくれるのですが希望通りになっていたので良かったです。
従業員は少ないお店だったのですが、お客さんが1時間来ない場合もあったりして凄く暇なときは暇だったのですが、逆に忙しい時間帯は気が狂うほど忙しかったですね。
大手だと髪の毛やネイルなど規定があり厳しい感じでしたけど、個人のお店はネイルしても全然問題なかったですね。
ただ、爪の長さだけはうるさく言われました。しかし時給が安い…これが一番のデメリットとなるかもしれないです。
大手のカラオケ店の時給と比べると2~30円ぐらい安い感じでした。その代わり怒られることも少なく、人間関係も良好だったので、職場の雰囲気は良かったです。

カラオケバイトはどんな店舗が忙しい?

カラオケのバイトをする場合、人によって楽な場所でバイトをしたい、逆に忙しい店舗の方が時間が経つのが早くて良い、と様々な意見があると思いますが、基本的に忙しい店舗というのは繁華街のような場所にある店舗が忙しい傾向となっています。

やはり人が多く来客する場所というのは人通りが多い場所、つまり繁華街のような場所となります。東京都内など都市部は時給が高いですが、その中でも新宿など繁華街は特に時給が高く、さらに深夜手当がつく時間帯にシフトに入ればガッツリ稼げます。

また曜日や時間帯なども関係してきます。特に祝日の前日は忙しくなる傾向にありますし、夕方ら深夜にかけて忙しい時間帯となっていますので覚えておくといいでしょう。もし忙しいのが嫌な場合はこのような曜日や時間帯を避けてバイトをすることがいいですね。

時給が落ちても忙しすぎるのが嫌!酔っ払いに会いたくないという人は郊外のエリアがおすすめです。お客さんの少ない平日の昼間は求人自体なかなかないかもしれませんが、カラオケのバイトは求人が多いので探せば普通に出てきますのでチャレンジしてみてもいいでしょう。

また繁華街のカラオケ店は危険があるなどの話もありますが、これは結局夜に人が多くなり、さらにヤンキーや酔っぱらいなども増えるのでこのような印象になっているものと思われます。

<関連ページ>

カラオケバイトが危ないという噂について、何が危いか理由を調べてみた!

カラオケのバイトがおすすめのまとめ

以上、カラオケバイトのおすすめな点をまとめてきました。数あるバイトの中でも学生に人気なのがカラオケバイトで、学生は明るく陽気な場所で働きたいと考えることでカラオケバイトが人気になっているのかもしれませんが、他にもたくさん理由があります。

仕事が分かりやすい、シフトの融通が利くなどバイトをしていてさまざまな利点があるのでバイトの中でもおすすめの一つです。カラオケのバイト楽しいよという体験談が多いのも納得です。

若い方はバイトにエンタメ性を求める傾向があるのでそれを満たすのがカラオケのバイトとなっています。

error: Content is protected !!